さてさて、どこまで老けるか?

現在58歳。一人旅2019年1月からスタートし現在帰国中。方向音痴・地図が読めない・記憶力悪い・お酒好き・さてさてどこまで行けるのか?

ベンメリアとアンコールワット

4月4日 4か国目 タイバンコクへ戻ってきました。

 

もう戻らないと思ってSIMは捨てちゃったし

 

現金も16バーツしかない・・・・その話は後日。

 

 

 

4月2日はカンボジアのベンメリアに行きました。

 

「シティプレミアムゲストハウス」に泊っているKAZさんとHayatoさん私と3人でトゥクトゥクの小旅行。

 

土埃と排気ガス対策のため私は「銀行強盗」のようなスタイルで参ります。

f:id:nyakadai:20190404234032j:image

 

片道2時間かけて到着したのは「天空の城ラピュタ」のモデルになったといわれている遺跡。

 

f:id:nyakadai:20190404234120j:image

 

こんな道を行く。

 

f:id:nyakadai:20190404234220j:image

 

出た!

 

f:id:nyakadai:20190404234323j:image

 

ほとんど修復していない朽ち果てた感がいいですね。

 

f:id:nyakadai:20190404234409j:image

 

すごい!

 

f:id:nyakadai:20190404234455j:image

 

今はからからに乾燥していますが、雨季だったらしっとりと緑が綺麗でしょう。

 

でもすごくよかったです。

 

こちらの遺跡は5ドルで観光できました。

 

トゥクトゥクの運転手さんご苦労様です。

 

片道60キロぐらいありました。

 

こんなに重労働なのに、ツアー代金は35ドルで3人で割ったら一人12ドルです。

 

で、途中から喉が痛くなって私はその日は早めに就寝。

 

首元のリンパ節が腫れてきて、唾を飲み込むのも痛い....

 

体調不良にもかかわらず、翌日はアンコールワットの小回りツアーに一人で参加します。

 

アンコールワットの日の出を見るためには朝の4時半起き。

 

4時半か・・・・ちょっと自信がない。

 

なので朝6時スタートにしてもらいました。

 

朝、目が覚めたら6時8分!!!!ヤバ!

 

普段は目覚ましもかけずに、早めに目が覚めるのにやっぱ体調がいまいちだったようでぐっすり寝てしまった。(;^ω^)

 

急いで荷物を抱え込んで出発しました。

f:id:nyakadai:20190405003158j:image

アンコールワット・アンコールトム・タプロームこの3か所を回ります。

 

まずはチケット売り場へ。

f:id:nyakadai:20190404234540j:image

 

噂では激混みとのことですが、6時スタートの人はいないようです。

 

1日券37ドルで待たずに直ぐ買えました。

 

 

f:id:nyakadai:20190404234659j:image

 

午前中は逆光になっちゃうんです。

f:id:nyakadai:20190404234817j:image

 

中に入ります!f:id:nyakadai:20190404234917j:image

 

f:id:nyakadai:20190404235008j:image

 

お坊さんにミサンガを結んでもらいお祈りしてもらえます。

 

f:id:nyakadai:20190404235055j:image

 

ちなみにノースリーブ禁止です。(ストールかけてくださいって注意されます)

 

f:id:nyakadai:20190404235136j:image

 

次はアンコールトムへ行きます。

 

入り口が2か所あります。

f:id:nyakadai:20190404235244j:image

 

迷路のような遺跡を行ったり来たりしていたら、自分がどこから来たのかが分からなくなるという・・・・。

 

f:id:nyakadai:20190404235224j:image

 

あまり人が多いところは行きたくない

f:id:nyakadai:20190405003239j:image

 

途中中国人の団体さんが大挙して押し寄せてきて、雰囲気台無し。

 

逃げるように別のエリアに移動します。

 

やっぱ遺跡はのんびりゆったり静かに見たいじゃないですか。

 

途中で腰を下ろしたりして。

 

そしたらほんとに自分の位置を見失う。

 

やっと正しい出口にたどり着いたぁ~。

 

次行くところでは迷わないように気を付けよう。

 

 

続いてタ・プロームはこちらは巨木が遺跡を飲み込むように生えていて見ごたえ十分。

 

f:id:nyakadai:20190404235421j:image

 

f:id:nyakadai:20190404235606j:image

 

下の写真は修復前と修復後です。修復が追い付かないそうです。

 

f:id:nyakadai:20190404235527j:image

 

途中に民族楽器を演奏している男性たちが見えまして

 

そのまま通り過ぎますが、残像がなんかひっかかる・・・・

 

一度戻って見てみると、地雷で足を失ったりした人たちが演奏していたのでした。

 

CDは買えないけれど心ばかりの寄付をしてきました。

f:id:nyakadai:20190404235453j:image

 

今度は迷わずに帰っていました・・・・・・が、あれ?

 

トゥクトゥクの運転手「カン」さんが見当たらないな~。

 

絶対に出口間違えてないはずなのに・・・・?

 

とりあえずパッションフルーツジュースを飲みます。

f:id:nyakadai:20190404235629j:image

ビタミンの補給しないと。

 

しばし考え歩いて探す。

 

居ないね。

 

どうすっかな~~~

 

連絡方法ないんですよね~。

 

電話はお互い持っていないし~。

 

暇そうなトゥクトゥクの運転手が

 

「反対の入り口にいるんじゃない?そこまで2ドルで連れて行ってあげるよ~」

 

「なんですっと? 2ドルは高いでしょ!!」

 

待つこと数分。

 

やっぱどこにも居ない。

 

見かねた売店のおじさんが

 

「多分反対側の出口だよ・・・ここから2キロはあるよ・・・」

 

いや、絶対間違えていないはず!

 

でも・・・・しょうがない2キロ戻ってみるか、と歩き始めて気づく。

 

出口は間違えていなかったが、横の道で「カン」さんはのんびり待っていてくれたのでした。

 

(T字路になっていて私はまっすぐ進んでいたのですが実際は横の道が正しかったのです。)

 

まじあせったわ~。

 

ただでさえ方向音痴で地図が読めないんですよ、私。

 

 

そしたらホステルに戻りましようかね。

 

・・・・・?

 

・・・・走り出したら後ろのタイヤから変な音がする。

 

カラカラと走るたびに異音が続きまして

 

・・・・・・

 

パンクです

 

この辺修理するとあるのでしょうか?

 

そのまましばらくゆっくり走って行きます。

 

自転車に乗った少年たちに「カラコロ♪カラコロ~♪」とからかわれながら。

 

ようやく修理場に到着。

 

チューブを新しいのに交換してもらい何とか復旧。

 

今日は午後1時ころに帰ってこれました。

 

カンさんありがとうございます!

 

f:id:nyakadai:20190404235658j:image

帰るころには体調は戻ってきました。

 

 

今日もビールが美味しいよ~。

 

ここ「シティプレミアムゲストハウス」で会ったMasaakiさんとSyoさん

 

バンコクのホステル「ロングラック」で会って一緒に飲んでた旅人でした。

 

夜はシェア飯。カレーライスが日本の味でメチャ美味しかった~。

 

 

ではでは~! SEE YOU!

 

各種SNSやってます。

インスタグラム: kaorunakadai4

Twitter:@kaorunakadai (現在フォロワー数18名に増えました、応援をよろしくです)

 Facebook

さてさて、どこまで老けるか? - ホーム | Facebook

世界一周ブログランキングに参加中です。

 よろしかったら応援クリックお願いしまーす 

クリックの後、画面が変わったら私に1票入ります。(1日に1回だけ有効です)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村