さてさて、どこまで老けるか?

現在58歳。一人旅2019年1月からスタートし現在帰国中。方向音痴・地図が読めない・記憶力悪い・お酒好き・さてさてどこまで行けるのか?

ヨルダン ペトラ遺跡へ(その2)

11月11日 リアルタイムはアンマンの空港のラウンジです。

 

久しぶりにお酒を飲みました。

 

まずは赤ワイン、そしてビールを。

 

最近高くてお酒が買えずずっと飲んでない日が続いていました。

 

酔いがまわる~。

 

アラブ人ってホントにお酒飲まないのね。

 

いろいろ不思議です、イスラムの人々。

 

でもって、次の国はインドです。

 

 

ブログは11月8日 ヨルダンのペトラ遺跡の続きです。

 

ここから向かうのは「Monastery」モナストリーって山の上にある遺跡。

 

f:id:nyakadai:20191111173939j:image

 

途中の売店で見かけた看板「ペトラに来たらペトラを飲もう!」

 

f:id:nyakadai:20191111173918j:image

 

よし、帰ってきたら絶対飲んでやる!

 

気合入れてスタート!

 

しばらくは砂地を歩く。

 

f:id:nyakadai:20191111174007j:image

 

靴は汚れるよね~。

 

それに砂ぼこりも舞い上がてる。

 

日差しが強いな~。

 

この先は上り坂。

 

メチャ疲れる~。

 

いつもだったら休憩しなくてもガンガン行けるはずなのに・・・・。

 

どうした私?

 

昨日の寝不足のせいって事にしたい。

 

決して年齢のせいだとは認めたくない!

 

途中の写真がひとつもなかった~。

 

心に余裕が無いと写真撮れないもんだ。

 

そういうもんだ。

 

ゼイゼイ、喘ぎながら登る事2時間弱。

 

到着!

 

f:id:nyakadai:20191111174107j:image

 

さらに上にはもう少し見晴らしが良さそうな場所が有ったけど、多くの人はこの真正面(売店兼レストランの椅子)に陣取って休んでいます。

 

この先に行く元気は残ってなかった。

 

f:id:nyakadai:20191111174157j:image

 

何も注文しなくてすみません。

 

そういえば宿で朝食を食べた時にゆで卵とチーズ、そしてパンにジャムを付けてこっそりもってきちゃいました。

 

量は少ないけど簡単な昼食。

 

それに持って来たアーモンドをかじってエネルギーをチャージ。

 

さあ、下りは一気に行きましょうか。

 

こんな険しい山の道々にもお土産屋が沢山ありました。

 

暑さと疲れで時間の感覚がなくなったけど ようやく麓に到着。

 

お待ちかねのビール!

 

f:id:nyakadai:20191111174227j:image

 

並んで待つてやっと入手。

 

350ミリリットルのビールひと缶

 

何と6.5ディナール(999円)!!!!

 

まさか、そんなに高いとは~!

 

味は至って普通のさっぱり系。

 

ヨルダンってかペトラ遺跡、ホントに強気の商売。

 

レストランで食事したら一体いくらかかるんですかね~?

 

食料準備していて良かったわ。

 

高いビールだからレストランの席に座ってゆったり飲んでいたら、ここでは料理を注文しないと座れないって、追い払われました。

 

しょんぼり~。😞

 

しばらく道行く人を眺めて、時間をつぶす。

 

もう疲れたのでのんびりと来た道を戻って行く。

 

遺跡群はどれも同じに見えてきたし・・・。

 

まだ時間はたっぷりあるけど、もう高い場所に登りたくないの。



f:id:nyakadai:20191111174640j:image

 

あら、朝来た時より人が増えてる~。↓


f:id:nyakadai:20191111174643j:image

 

その辺の人に写真頼んだら、こんな感じ。

 

どこに来てるか分からんじゃないか。


f:id:nyakadai:20191111174602j:image

 

じゃ、自撮りするわ。


f:id:nyakadai:20191111174622j:image

 

やっぱ自撮り棒が有った方がいいやね。

 

一時帰国した時に家に置いてきちゃったんだけど、若干後悔してます。

 

 

そういえば砂漠に生える植物はトゲトゲが生えているのが多い。


f:id:nyakadai:20191111174725j:image

 

過酷な環境では武器を持たないと生き残れないのか?


f:id:nyakadai:20191111174647j:image

 

人間も同じか。


f:id:nyakadai:20191111174651j:image

 

平和が続くと生物は弱体化していくのか・・・・。

 

柳の様にしなやかな植物もあるしなぁ~。

 

そんなことを考えながら歩く。

 

 

この場所が一番好き。

 

人間が作った遺跡より、自然が生み出した壮大な景色の方が心が動かされる。


f:id:nyakadai:20191111174627j:image

 

 


f:id:nyakadai:20191111174631j:image

 

アメリカのアンテロープみたい。(行った事無いけど)

 

このスカーフ必須って感じ。

 

f:id:nyakadai:20191111174606j:image

 日差しが強いし、砂ぼこりがひどいときは口や鼻をカバーできる。

 

バスが迎えに来る4時にはかなり早いけど、カフェでお茶したいので早めに戻ります。

 

帰りも無料で馬に乗せてくれるって、お兄さんが言っていた。

 

チップも無しでいいのは確認済み。

 

可愛いくておとなしい馬の名は「ラッキー」

 

お兄さん、歌を歌いながら手綱を引っ張ってくれてます。

 

f:id:nyakadai:20191111174613j:image

 

向こうまで着いたら一緒にお茶でも飲まないって誘われました。

 

1時間くらいなら大丈夫なのでついて行く。

 

お茶じゃなくてコーラをごちそうしてくれました。

 

しかもカフェじゃなかった。

 

砂漠です。

 

f:id:nyakadai:20191111185646j:image

 

彼は何とか人なので(そこを聞き逃す)目の下にアイラインを入れてます。

 

パイレーツオブカリビアンのジョニーデップのメークみたいな感じ。

 

指をけがしていたから理由を聞いたら、小さい弟にかじられたそうです。

 

家族構成を聞いてみたらビックリ。

 

ヨルダンは重婚が認められているから彼のお父さんは二人の奥さんがいるそうです。

 

彼には男兄弟7人。姉妹は5人がいて、もう一人のお母さんは3人の子供がいる。

 

ここまではなるほどって感じ。

 

なんと、二人のお母さんは一緒に暮らしてるんだって

 

同じ家に妻が2人一緒に住むって・・・・・

 

女性として妻として、気持ち的にはどうなんでしょう?

 

理解し難い・・・・。

 

 

険悪な関係だと家がギスギスしますから、やっぱり表面は仲良くやってるんでしょうかね。

 

台所は2つあるんでしょうか?

 

寝室はどんな感じなんですかね?(詮索しすぎ?)

 

・・・・謎だ。

 

不思議すぎる、アラブの結婚制度って言うか家制度。

 

案内してくれた彼は33歳のモラッド。(独身)

 

朝6時から夜9時まで一日15時間働いて家にお金を入れてるんだって。

 

ラクダの新鮮なミルクを飲んでるから元気に働けるって言ってました。

 

ちなみに彼は太った女人が好みだそうです。

 

夜バーベキューに誘われたけど、イスラム圏の男は油断ならないからな。

 

丁重にお断りしました。

 

 少しだけどお話し出来て楽しかったです。

 

f:id:nyakadai:20191111185846j:image

 

バスの時間4時には間に合わず、宿まで車で送ってくれました。

 

「シュクラン」アラビア語でありがとう)です。

 

 

宿に戻って洗濯したけれど、Tシャツ洗ったら水が真っ黒になりました。

 

洗濯物を干すので窓辺に来てみたら夕日が美しかった~!

 

f:id:nyakadai:20191111185616j:image

 

ペトラ遺跡これにて終了。

 

前日しっかり寝ておかないと体力を使う時はダメだと実感した一日でした。

 

明日はワディムサからヨルダンの首都アンマンへバスで移動します。

 

でわでわ~! 

 

SEE YOU!

 

 SNSやってます。

インスタグラム:kaorunakadai4

Twitter:@kaorunakadai 

 (現在Twitterフォロワー様87名に増えました!)

Facebook:さてさて、どこまで老けるか? - ホーム | Facebook

世界一周ブログランキングに参加中です。

よろしかったら、応援クリックお願いします!

下の画面を↓クリックして、画面が変わったら私に1票入ります(1日に1回だけ有効です) 

 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村