さてさて、どこまで老けるか?

現在58歳。一人旅2019年1月からスタートし現在帰国中。方向音痴・地図が読めない・記憶力悪い・お酒好き・さてさてどこまで行けるのか?

カミーノ23日目 (ベッドバグ?ダニじゃない?)

7月16日 リアルタイムはスペインの田舎町、La Faba(ラファバ)に来ています。

 

今日も厳しい山道を汗かきながら、ひどい形相で登りました。

 

後半はホントにキツカッた。

 

本当は28キロの予定でしたが、ちょっと無理! 24キロでストップ!無理しない。

 

 

ブログはカミーノ23日目 7月13日

 

Astorga(アストロガ)~Foncebadon(フォンセバドン)へ 25.8キロ

 

 f:id:nyakadai:20190715043632p:plain

 

朝6時に出発。

 

でもまず起きてやることはかゆみ止めの薬を体中に塗ること。

 

ダニ?蚊?南京虫?だんだんひどくなる一方です。背中もお腹も。

 

腕の写真を撮ったけど、うまく発疹が見えなかった。

f:id:nyakadai:20190717031235j:image

f:id:nyakadai:20190717031217j:plain

 

この問題さえなければ完璧な日々なんだけどなぁ~。

 

そういえば昨日のアルベルゲのすぐ横にある教会。

f:id:nyakadai:20190715035347j:plain

 

そのすぐ下に遺跡がありました。

 

f:id:nyakadai:20190715035446j:plain

 

興味あるんだけど、説明がスペイン語なもんで・・・・。

 

 

この日は朝日の写真がありません、たぶんiPhoneを充電中でした。

 

そして、この日の歩いた記憶があまりない。

 

いつものように一人で黙々と歩いていたのだと思います。

 

カミーノ後半戦はだんだん1日に歩く距離が長くなるなぁ~。

 

 

石の塀の向こうに教会が見える。

 

f:id:nyakadai:20190715040135j:plain

 

この石造りの街並みが美しい。

 

f:id:nyakadai:20190715040258j:plain

 

 昔の人が一つ一つ積み上げて作り上げた町。

 

 

そしてお待ちかねのカフェ。

 

途中のトイレ休憩でもあり、たばこを吸いたい!

 

今日はカプチーノを頼んでみた。

 

 

f:id:nyakadai:20190715040430j:plain

 

途中で出会ったのはカートとキヌンとジャック。

 

最近よく合うんだけどその都度

 

「Hey!Kaoru~!How are you?」って名前で呼んでくれるんだよね~3人とも。

 

カートは身長2メートル超え。

 

キヌンとジャックはあまり大きくないから遠目に見ると

 

ロードオブザリング」のガンダルフホビット2人みたい。

 

 ・・・ちょっと言い過ぎですかね。_(._.)_

 

いつも3人で歩いてる。

 

 

途中のコーラ休憩でマリアに会った。

 

この先のアルベルゲの情報を交換して一緒に歩き出す。

 

マリアと友達のジル(アラスカ出身)はいつも楽しそうにおしゃべりしている。

 

マシンガントーク!!(付いて行けない)

 

登りの道でもおしゃべりは止まらない。

 

私は息も絶え絶えに上っている。

 

いつの間にか山道に入り、私のピッチが上がる。

 

やっぱ平地を歩くより山道を登っていた方が楽しいや

 

木々の香りや、水けを含んだ土の香り。

 

草むらをかき分けて行く時のワクワク感。

 

テンション上がるぅ~!

 

細い道をどんどん進んで行く。

 

 

到着した小さな町。フォンセバトン。

 

どのアルベルゲだったっけ?

 

坂道を登りながらキョロキョロと探す。

 

全然わかんないや。

 

レストランには食事中のカートとキヌン&ジャックがいたので声をかけた。

 

「アルベルゲ決まった?」

 

「決まってるけどまだ行ってない」ってカート

 

「どっちの方向?」

 

「連れて行ってあげるよ!」

 

「食事の途中でしょう、いいよ!」

 

「もうほとんど食べ終わったし、お腹減ってないから大丈夫!」

 

・・・ってスタスタ歩き出した。食べ終わってないのにわざわざ案内してくれる。

 

「食事中に邪魔してホントゴメン、ありがと・・・・」

 

坂道をどんどん登って案内してくれたカート。

 

優しくてカッコよすぎる!(・・・彼女いるけど)

 

※蛇足ながら腕毛とすね毛が金髪でフサフサです。

 

でも宿はもうほとんどフルだって。

 

先に到着していたヨハナに教えてもらった。

 

ベッドはないけど、床にひいたマットで良ければ泊れるらしい。

 

カートは「オーケー」って帰って行った。

 

私は残り少ないベッドを確保できたけど・・・・。

 

 

ドネーションの宿。夕食も朝食も付いてくる。

Albergue parroquial Domus Dei 

 管理人のガルロはスペイン語しか話しません。

 

Wi-Fiは無いし、シャワーもベッドもとても狭い。

 

贅沢は言えませんね。

 

荷物を置いたら、アナが到着していてベッドでくつろいでいた!!!

 

カートにお礼を言いにレストランに戻ったけど、彼らは食事を終えて行ってしまった後だった。

 

じゃあ、私もお昼ご飯を食べる。

 

そしてやってきたアナ。

 

私の腕の発疹を見て、ベッドバグだって言っていた

 

私はダニだと思うんだけど・・・・。

 

卵を産んでいたら19日で羽化するらしい!

 

それって・・・・ヤバいでしょ!

 

明日は洋服をすべて洗濯機と乾燥機で洗うことにしよう。

 

でもベッドバグだったらもっとすごくかゆいはずじゃない?

 

歩いている最中はかゆみを感じないし、

 

薬を付ければ何とか過ごせるんだよね・・・・・不思議。

 

 

ビールを注文したらついてくるピーナツをティシュに包んで持って帰る。

 

明日のおやつにしよう!

 

そしたらアナが「ほら粉チーズも持って行きなよ!これもおやつになるよ」

 

さすがに粉チーズは持ち帰れませんがな~(笑)

 

 

Wi-Fi無いので、昼寝をして、6時からはミサに参加しました。

 

 

ジェームスマカヴォイにそっくりなイケメン男子と、お似合いの美人の彼女。

 

アントニーレベッカ。彼女たちが食事を仕切ってくれていた。

 

パスタとサラダをたっぷり頂きました。

 

無料の食事を頂いた時は神様に感謝します。

 

・・・・心から。

 

では食後の皿洗いは私に任せて下さい!

 

「全国皿洗いコンテスト」があれば優勝しそうなほど早業で洗いま~す!

 

 

夕食の後はみんなWi-Fiを求めてバーに繰り出した。

 

私も、客の少なそうなバーでブログを更新し、明日の予定を調べたりしました。

 

 

そういえば、今日歩いていたら森の道を鹿の親子が横切っていきました。

 

 (一瞬の事なので写真は撮れず)

 

可愛かったなぁ~!

 

 

ではでは~!

 

SEE YOU!

 

 SNSやってます。

インスタグラム:kaorunakadai4

Twitter:@kaorunakadai 

 (現在フォロワー様45名に増えました!!!!)

Facebook:さてさて、どこまで老けるか? - ホーム | Facebook

世界一周ブログランキングに参加中です。

よろしかったら、応援クリックお願いします!

下の画面を↓クリックして、画面が変わったら私に1票入ります(1日に1回だけ有効です)

 応援いただいた皆様、ありがとうございます。<(_ _)>

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村