さてさて、どこまで老けるか?

現在58歳。一人旅2019年1月からスタートし現在帰国中。方向音痴・地図が読めない・記憶力悪い・お酒好き・さてさてどこまで行けるのか?

バガンの絶景!最高!

12月24日 リアルタイムは日本。

 

今日は朝6:30から8:20分まで新代田のプールで朝スイムしてきました。

 

1年ぶりの水泳練習。

 

腕の筋肉がすっかり落ちてしまい、クロール全く進まない~。

 

毎日通いたいけど、1回2200円!ちょっと考え中。(金欠の身にはキツイ)

 

でも最高に気持ちよかった~。

 

 

ブログは12月15日 ミャンマーバガンに到着。

 

f:id:nyakadai:20191220212719j:image

 

早速Eバイクを借りて走りだす。

 

グーグルマップで「観光名所」を調べ 有名な寺やパゴダなどにピンを打っておいた。

 

国道沿いに道なりに進んで行く。

 

しばらく進むと有りました~!

 

出てきました~!

 

数えきれないくらいのパコダが・・・・。

 

f:id:nyakadai:20191220201423j:image

 

大きいのも小さいのも沢山ある~!


f:id:nyakadai:20191220201415j:image

 

この景色を見るためにミャンマーに来たんだよ~!

 

最高!!!


f:id:nyakadai:20191220201418j:image

 

大きな寺院に入る時には入場料がかかる。

 

f:id:nyakadai:20191220201558j:image

 

ミャンマーの物価からしたらメチャ高い。35000チャット(2555円)

 

f:id:nyakadai:20191220201629j:image

 

この券発行の際に写真撮影も有ったので別人への譲渡はNGです。

 

5日間有効って書いてあった。

 

大きな寺院に入らなければ買う必要はないみたい。(よく分かりませんけど)

 

この券を提示する場所はこの場所以外は無かったから。

 

寺院の名前とか調べてませんが、靴と靴下を脱いで中に入る。

 

足の裏が汚れるのが嫌なんだけど・・・・。

 

参道には土産物屋が軒を連ねている。

 

f:id:nyakadai:20191220212603j:image

 

本堂に入ると大きな仏像が現れる。

 

仏教徒の皆さんは前に座ってお祈りを唱えたり、お辞儀をしたり。

 

f:id:nyakadai:20191220201713j:image

 

大きな大仏様が東西南北4面にある。


f:id:nyakadai:20191220201705j:image

 

これ全部お金ってか お布施。

 

お布施をすればするほど徳を重ねるんですって。

 


f:id:nyakadai:20191220201709j:image

 

昼休憩。

 

f:id:nyakadai:20191220201824j:image

 

ご飯と鶏肉を頼んだら、別のおかずと野菜の盛り合わせ、特大スープも付いてくる。

 

2500チャット(182円)

 

ミャンマーご飯はオイリーで味付けが濃い。

 

一部のおかずがメッチャ辛いのです。

 

今だお腹の調子が良くない私にはキツイんだなぁ~。

 

店のおばちゃんが顔を覗き込んでるから、美味しいってリアクションした手前残せない。

 

頑張ってご飯は完食しました。

 

さて、また走りましょうか。

 

f:id:nyakadai:20191220201907j:image

 

バイクで走っていると次々現れるパコダがステキ。


f:id:nyakadai:20191220201858j:image


f:id:nyakadai:20191220201902j:image

 

この斜めのが良いじゃん。

 

f:id:nyakadai:20191220212652j:image

 

どんどん行きます。

 

f:id:nyakadai:20191220202015j:image

 

未舗装道路は走りにくいのでゆっくり運転。


f:id:nyakadai:20191220202004j:image

 

一度宿に戻って、小休止。

 

ミャンマーってコーヒー売ってないの?

 

缶コーヒーが1000チャットで売っていたけど、きちんとしたコーヒーが飲みたいんだよ~。

 

夕日を見に行きたいな~。

 

適当に走っていたら、バイクに乗った若者に声かけられた。


f:id:nyakadai:20191220202017j:image

 

観光客の少ない夕日スポットに案内してくれるって。

 

でも昨日騙されそうになったので、警戒しちゃってお断りしました。

 

人の良さそうな若者だったんだけどな~。

 

その後も、バイク2人乗りの女性に夕日スポットに誘われたけどやっぱり断った。

 

チップもガイド料も払えないって言ったら、お土産を売ってるんだって。

 

お土産を買うつもりも無いので・・・・。

 

こうやって地域の人を全て拒絶するのって。

 

どうなんだろ。

 

なんか、私のスタイルじゃないんだよね~。

 

せっかくの現地の人との出会いのチャンスでもあるんだけどなぁ~。

 

もちろん人を見ますよ。

 

信用できるかどうかを瞬時に判断するのは難しいけどさ。


f:id:nyakadai:20191220202011j:image

 

少しづつ陽が傾いてきた。


f:id:nyakadai:20191220202008j:image

 


f:id:nyakadai:20191220202001j:image


f:id:nyakadai:20191220201957j:image

 

で、夕日スポットの丘の上を目指す。

 

観光バスも止まっていてすごい人だけど仕方ない。

 

f:id:nyakadai:20191220202129j:image

 

お土産売りがロンジーやアクセサリーを勧めてくる。

 

いらないんだよ~。

 

「買わなくてもいいから見るだけ見て」って若くて可愛い女の子。

 

シルクとコットンで織って有るきれいなロンジーが10ドル(1093円)。

 

でもちょっと高いのよ、私的に。

 

他にも5000チャット(365円)のロンジーを見せてくれたけど、気にいらない。

 

買わなかったんだけど暇なのか話しかけてくる。

 

私も夕日が落ちるのを見ながら世間話。

 

28歳って事は私の末娘と同じ年か。

 

私がヤンゴンから来て明日にはマンダレーに向かうって言ったら

 

彼女はバガンから外には行った事が無いって。

 

「いつかはバガンだけでなく、ヤンゴンマンダレーにも行って見たい」ってつぶやいてた。

 

世界中を旅してる私、少し心が痛む。

 

10ドルのロンジーもだんだん値を下げてきて、5ドルでもいいから買ってくれないかって。

 

横にいた別の土産売りのおばちゃんが、これ5ドルだったらメチャお買い得って言ってた。

 

でも、要らないの・・・・。

 

夕日の写真を撮ったので立ち去る私。

 

f:id:nyakadai:20191220202227j:image

 

本当はこのあと30分後の夕焼け空がきれいなんだけど、すぐに暗くなっちゃうので後ろ髪惹かれつつ後にする。


f:id:nyakadai:20191220202223j:image

 

・・・・

 

でも5ドルって550円位だよ。

 

彼女、今日は売り上げが無くてどうしても現金収入が必要みたい。

 

結局8000チャット(584円)で買うことにした。

 

色合いも素敵だからお土産にしよう。

 

彼女も喜んでくれたのでね、良かったです。

 

 

そしてバイクで宿に向かうもまた道に迷いました~。

 

もう、外は暗くなって来るし。

 

いちいちバイク停めて携帯で地図確認すんの。

 

行っては戻り、地図を確認。

 

何とか無事にたどり着きました。

 

 

夕食に近くのレストランへ。

 

チキンのから揚げ頼んだ。

 

食べてみたら食感がチキンじゃない。

 

f:id:nyakadai:20191220202314j:image

 

鳥のから揚げに見えるでしょ?

 

厚揚げでした~。(+_+)

 

変な店。

 

お金払って帰って来たけど、文句言うべきだったなぁ~。

 

失敗した!

 

 

明日は5時半に起きて朝日を見に行きます。

 

でわでわ~! 

 

SEE YOU!

 

 SNSやってます。

インスタグラム:kaorunakadai4

Twitter:@kaorunakadai 

 (現在Twitterフォロワー様95名に増えました!)

Facebook:さてさて、どこまで老けるか? - ホーム | Facebook

世界一周ブログランキングに参加中です。

よろしかったら、応援クリックお願いします!

下の画面を↓クリックして、画面が変わったら私に1票入ります(1日に1回だけ有効です)

応援してくれる皆さん感謝です~。m(__)m

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村