さてさて、どこまで老けるか?

現在58歳。一人旅2019年1月からスタートし現在帰国中。方向音痴・地図が読めない・記憶力悪い・お酒好き・さてさてどこまで行けるのか?

バガン行きの深夜バスに乗り遅れそう~!

12月23日 リアルタイムは日本の我が家で大掃除してます。

 

旅中は少ない服でやりくりしていたので、我が家に帰って自分の持ってる下着や服の多さに今更ながら呆れました。

 

ちょっとおしゃれして出かけたいのですが、忘年会もほとんど終わってる・・・・悲しい。

 

 

ブログは12月14日 ミャンマーヤンゴン2日目の夜。

 

午後から変な兄ちゃんの誘いに乗って、スラム街のある「ダラ地区」に行って危うくお金を巻き上げられそうになったけど、何とか取り戻した。

 

この日は夜10時発の夜行バスでバガンに行く。

 

宿から歩いてスーレーパコダへ向かい、そこから36番のバスに乗ってバスターミナルに向かう。

 

f:id:nyakadai:20191220000814j:image

 

宿の人がバスチケットの裏に行先を書いてくれたのでバスの運転手に見せて、降りるバス停に着いたら教えてもらうように頼んだ。

 

バスは1時間程走り続けてる。

 

途中で人の良さそうなおじちゃんが声をかけてくれた。

 

「あんた、どこまで行くの?」

 

バガン

 

「ちょっとチケット見せて?」

 

インドだったら絶対チケット見せないけど、ここでは大丈夫と判断。

 

チケットを見て運転手に行先を確認してくれた。

 

「運転手がバス停に着いたら教えてくれるから安心してな」

 

「ありがとうございまーす」

 

でもかなり遠いんだね~。

 

グーグルマップのバスターミナルにピンを打つのを忘れた私。

 

運転手に任せるしかない。

 

ほどなくして大きな荷物を抱えた5人組のグループが乗り込んで来た。

 

スーツケースを抱えた私を見て「アドレスは?」って聞いてきた。

 

「アドレスですか?ひょっとしてチケットの事?」

 

バスのチケットを見せると、みんなでワイワイ話初めた。

 

バガンに夜行バスで行くなら、さっきのバス停で降りないとダメだったんだよ」

 

「へぇ?・・・な・なんですと?」

 

さっきのバス停からは かなり走り進んじゃってんですけど・・・・。

 

一人のおじさんが、「荷物を持ってここで降りなさい」って言うから言われるままバスを降りた。

 

ここからタクシー拾わないとだめかな~なんて思っていたら、おじさんが口笛を吹いてバイクの兄ちゃんに声をかけ話を始めた。

 

「あんた、このバイクの兄さんがバス停まで1000チャットで送ってくれるって言うからさ」

 

バイク兄さんはおじさんになんか言ってる。

 

「やっぱ1000じゃなくて1500チャットだって言ってるけどいいかな?」

 

「もちろんです!大きなスーツケース有りますけど大丈夫ですか?」

 

「問題ないよ。ほら乗りな」

 

ロンジーの裾を大きくまくり上げてバイクに乗る。

 

乗ってきたバスは交渉している間 発車せずに待っていてくれた。

 

「ありがとうございます。ホントに助かりました!」

 

太もも丸出しのままバイクで15分程走ってバスターミナルに到着した。

 

でもこのバスターミナル大きすぎてバスが探せないんじゃない?

 

心配してたけど、バイク兄さんはバス会社の真ん前まで送ってくれた。

 

「兄さんアリガト、1500チャット(109円)です。」

 

握手してお礼を言うと、兄さんは はにかみ笑いして去って行った。

 

ミャンマーの優しい人達に助けられた!!!

 

マジ感謝!!!!

 

そんな感じで、バスの発車時刻の45分前に無事に到着出来ました~。

 

さっくり夕食を横の食堂で済ませてバスに乗り込む。

 

VIPバスです~。

 

f:id:nyakadai:20191219235906j:image

 

横3列のゆったりシート。

 

f:id:nyakadai:20191219235940j:image

 

イスはリクライニングで足を乗せるところもほぼフラットに出来る。

 

ブランケット付き。

 

このバス今まで乗った中で一番いいわ~。

 

車内にトイレは付いてないけどね。

 

定刻に出発したバスはお菓子とミネラルウォーターのサービス付き。

 

f:id:nyakadai:20191219235951j:image

 

そのあとコーラと歯ブラシとウエットティッシュも配られた。

 

冷房ガンガンなのでウルトラライトダウンを着こんでサングラスをかけて寝るだけ。

 

翌朝6時にバガンに到着しましたー!

 

私、バタバタしてたので宿の予約してなかった。

 

バスを降りると寄って来るタクシーの運転手をすり抜けて、ターミナルの椅子に座ってそこで予約をとった。

 

バガンは宿がどこも高いのね~。

 

Jasmine Villa Family Hostel」1泊15200チャット(1110円)に決めた!

 

宿まで4キロ有るから歩くのはしんどい。

 

ミニバスも路線バスも走っていないから、タクシーに乗るしかないのかな~。

 

タクシーの運ちゃんの言い値は8000チャット(582円)

 

7000チャットに値下げしてもらったけど、よくよく考えたらメチャ高い。

 

だって10分位の距離だよ。

 

少し歩いて、トゥクタクに交渉すれば2000チャットくらいで行ける距離だった~。

 

どうもタクシー運転手との交渉下手すぎる~。

 

そんな感じで急遽予約した宿に到着。

 

まだ早いので部屋には入れなかったけど、荷物を預けてレンタルバイクを借りて早速観光に出かけます。

 

借りるのはEバイク(電気を充電するタイプ)

 

免許は必要ないんだって。

 

f:id:nyakadai:20191220000236j:image

 

宿で1日6000チャット(438円)で借りた。

 

途中で充電切れたりしないか心配だったけど、大丈夫だって。

 

出川さんの番組みたいに「充電させてもらえませんか?」って言いたくないじゃん。

 

じゃあ、早速出かけましょうかね。

 

バガンのパコダの広がる光景を見るためにミャンマーにやって来たんだからね~。

 

長くなったのでバガン観光は明日のブログで~。

 

 

でわでわ~! 

 

 SNSやってます。

インスタグラム:kaorunakadai4

Twitter:@kaorunakadai 

 (現在Twitterフォロワー様95名に増えました!)

Facebook:さてさて、どこまで老けるか? - ホーム | Facebook

世界一周ブログランキングに参加中です。

よろしかったら、応援クリックお願いします!

下の画面を↓クリックして、画面が変わったら私に1票入ります(1日に1回だけ有効です)

  にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村