さてさて、どこまで老けるか?

現在58歳。一人旅2019年1月からスタートし現在帰国中。方向音痴・地図が読めない・記憶力悪い・お酒好き・さてさてどこまで行けるのか?

ミャンマー ヤンゴン最後の1日

12月27日

 

リアルタイムは日本です。

 

派遣に登録したけど なかなかいい仕事の依頼が来ません。

 

交通費出ないから、遠い所は行きたくないのに昭島の仕事17:00~22:00だって。

 

片道交通費570円。

 

行くのに1時間かかる現場に5時間だけ働きに行くわけないだろ~。

 

暇なので、近所のスイミングスクールに朝スイムに行くことにした。

 

月曜以外毎日で6:30~8:30まで。1か月だけ。

 

朝早いのに 出勤前のひと泳ぎ?30人以上の強者がガンガン泳いでます。

 

ついていけるかなぁ~。なるべく毎日通おう。

 

そして2月には日本を出よう!

 

 

ブログは12月19日 

 

ミャンマーマンダレーからヤンゴンに戻ってきました。

 

今日は徒歩&路線バスを使って付近を探索予定っす。

 

正直、寺や仏塔は飽きてきたけど、ミャンマーに来たら絶対に抑えておきたい場所。

 

Shwedagon Pagoda(シュエダゴンパコダ)

 

バスの36番に乗って出かけます。

 

f:id:nyakadai:20191227121719j:image

 

ちょっと遠い場所で降りて、10分ほど歩いて進む。

 

金色に輝く仏塔が見えてきた。

 

f:id:nyakadai:20191227121707j:image

 

高い位置にあるので階段を上って入口に進む。

 

f:id:nyakadai:20191227121746j:image

 

この場所外国人は有料。10000チャット(730円)

 

タナカを塗ってロンジーを着てたら普通に入っても大丈夫そうだけど、素直に申告してお支払いしました。

 

f:id:nyakadai:20191227121758j:image

 

熱心な信者さん達がお釈迦様の像の前に座り 深くお辞儀したり、念仏を唱えている。

 

私もその場所に座り、お祈りするような雰囲気を醸し出しながら休憩。

 

だってメチャ暑いし、すでに疲れた。

 

f:id:nyakadai:20191227121830j:image

 

人も多いんだよな~。

 

f:id:nyakadai:20191227121858j:image

 

とりあえず一回り。

 

f:id:nyakadai:20191227121932j:image

 

この場所 夜はライトアップされる。

 

昼間来て、同じ券で夜も入れるらしい。

 

夜は夜で美しいだろうな~。

 

 

さて、この後は「麻薬撲滅博物館」へ向かう。

 

この場所から歩くと遠いのでタクシーで。

 

止まっていたタクシーの運転手に値段を確認すると悩みながら4000チャットと提示された。

 

私は3000(220円)チャットと主張するとあっさりOKだって。

 

もう少し安く行けたかな?

 

自分にとっては納得の値段だからいいか。

 

相手に気分よく仕事してもらいたいじゃないですか。

 

そんな感じで15分くらいで「麻薬撲滅博物館」に到着。

 

入館料4000チャット(293円)。

 

写真撮る人は別にお金払う必要がある。(私は払ってないので写真ありません)

 

ミャンマーは麻薬の生産が最も盛んだった国。

 

麻薬の生産に替わる農業や畜産業の推進を進め、麻薬依存の恐ろしさを展示してある。

 

3階建ての建物だけど入館者は少なく、2階の展示を見ようとしたら停電~!!!

 

暗くて何も見えないじゃないの。

 

ちょっと怖いジオラマや、写真展示など、麻薬の恐ろしさを伝えている。

 

2時間ほどですべて見終わった。

 

写真が色あせていたりして、ちょっと展示品が古い印象。

 

ミャンマーのなかなか見えてこない側面を知ることができたので、良しとしよう。

 

 

少し歩くと近くにショッピングモール(ジャンクションスクエアー)があり、そこで昼食。

 

ロッテリアでクリスピーチキンバーガーなるものを注文。

 

ロッテリアをなめていた、辛すぎ~る!

 

 

近くのバス停に行きこの先にある国立博物館を目指す。

 

バスの運転手に「このバス ナショナルミュージアム行きます?」って聞く作戦。

 

隣にいた若い男の子が現地語で、ドライバーさんに確認してくれた。

 

こういうさりげない親切を至るところで感じるんだな、この国。

 

2台目のバスが目的地に行くって教えてくれた。

 

「ありがとう~」

 

この博物館、5000チャット(367円)

 

この博物館マジお勧め。

 

王室関連の展示品(王座・装飾品・衣装・宝物)農機具・楽器類・民族衣装・彫刻・絵画その他盛沢山。

 

日本語のオーディオガイドも無料で貸し出してくれる。

 

ミャンマーに行く方、時間が許せばぜひ訪れて下さ~い。

 

この国の事を深く知ることが出来るので。

 

だんだん夕方になって来たので、バスで帰る。

 

バスは200チャット(15円)。

 

バス会社さん(多分国営?)絶対儲かってないよね。

 

この国、なんかホント好きだわ。

 

食事はダメだけど。

 

油と、濃い味付け、辛いのもたまにあって、お腹の弱ってる私にはキツカッタです。

 

明日は朝8:30の飛行機で台湾のドンムアン空港に向かいます。

 

バイバイ ミャンマー

 

詳しくは明日のブログで~。

 

でわでわ~! 

 

SEE YOU!

 

 SNSやってます。

インスタグラム:kaorunakadai4

Twitter:@kaorunakadai 

 (現在Twitterフォロワー様95名に増えました!)

Facebook:さてさて、どこまで老けるか? - ホーム | Facebook

世界一周ブログランキングに参加中です。

よろしかったら、応援クリックお願いします!

下の画面を↓クリックして、画面が変わったら私に1票入ります(1日に1回だけ有効です)

応援してくれる皆さん感謝です~。m(__)m

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村