さてさて、どこまで老けるか?

現在58歳。一人旅2019年1月からスタートし現在帰国中。方向音痴・地図が読めない・記憶力悪い・お酒好き・さてさてどこまで行けるのか?

ロイとお別れ②

12月16日 リアルタイムはミャンマー

 

バガンでレンタルバイクを借りて1日走り回りり、夕日と朝日を堪能して、今はマンダレーです。

 

 

ブログは12月5日 インドバラナシ最終日

 

昨日は意味深な場面で終了してしまい、すみませんです。

 

なぜか気にいられちゃったロイとビールを飲みにホテルのバーに行ったところ。

 

入り口を見た時はドッキリしたけど、階段を下りて普通のバーに入って行った。

 

ふたりで大瓶のビールを1本注文。

 

おつまみに辛いおせんべいみたいなのも注文してくれた。

 

話題は家族の事や仕事について、何気ない普通の会話を楽しんだ。

 

マジ、話題豊富だなこの人。

 

そろそろ時間。

 

バイクにまたがって、宿まで送ってもらう。

 

でも、このまま遠くまで行こうって、しつこいロイ。

 

「子供みたいなこと言ってないで、宿まで送って!宿を9時に出ないと間に合わないんだから!」

 

宿からはトゥクタクを拾って駅まで行くつもりだった。

 

「僕が、駅まで送ってあげるよ」

 

「いいよ、自分で行けるから」

 

「なんで?遠慮しないでいいから、僕暇だし」

 

「ホント?絶対に駅まで送ってくれるの?」

 

「信じてよ」

 

「オッケーわかった。信じる。ありがとう、とても助かる」

 

 結局夕飯食べなかったけどまあいいや。

 

いったん宿に戻って、みんなにお別れを行って、頼んでおいたデラックス弁当を受け取る。

 

サンタナバラナシの皆さんお世話になりました~!

 

 

ラッシー屋の店に着くと400CCのバイクにまたがってロイが待っていた。

 

「それじゃお願いします」

 

少し走ると

 

「駅まで行かない、君を遠くに連れて行くから」

 

「え?どういう事?」

 

「今日は一緒に過ごそう」

 

「ちょっと、ホントに困る。お願いだから駅に向かってよ」

 

「だめ!」

 

「ロイ、信用して来たんだよ!」

 

「・・・・・」

 

「ホントにお願いだから」

 

「・・・・・」

 

「駅に向かってよ」

 

「・・・・・」

 

これはマジでヤバイかもって思ったらきちんと駅まで連れて来てくれた。

 

からかうのもいい加減にして下さいよ~!

 

駅前は結婚式のパレードの車が音楽を流しながらゆっくり走っていた。

 

「まだ時間が有るからチャイでも飲もう」

 

駅前でチャイを飲んでるとわらわらと寄ってきた子供たちに囲まれた。

 

一緒に握手して欲しいって。

 

f:id:nyakadai:20191212235415j:image

 

一緒に写真を撮って欲しいって・・・・

 

f:id:nyakadai:20191212235432j:image

 

もみくちゃ状態で写真撮影が始まった。

 

ようやく子供たちが立ち去った。

 

ロイにきちんとお礼を言わないと。

 

「いろいろありがとう・・・・沢山いろんなところに連れて行ってくれて・・・」

 

音楽がうるさいのでロイの耳元でお礼を言った。

 

なんだか元気のないロイ。

 

「どしたの?元気出してよ~!」

 

その直後、近くにいた若い男(ちょっと酔っぱらってる)がロイに近づいて口論が始まった。

 

「#$%&’▲×※!!!!💢💢💢」

 

「’&%$#”□●※!!!!💢💢💢」

 

そこらにいたおじさんが二人を止めに入った。

 

状況が分からず困惑する私。

 

「彼が怒ってケンカになった!」

 

「君が僕にチューをしてたって」

 

私、ロイにチューってかキスなんてしてないよ!

 

さらに口論をやめない二人。

 

私も二人を止めに入る。

 

ロイも男もすごく怒って声を荒げてる。

 

今にも殴り合いになりそうな雰囲気にビビりながら

 

「もう放っておいて行こう!」

 

無理やり二人を引き離して、バイクで駅まで向かう。

 

子供たちが大勢いる前で耳元で話しているのが気にいらなかったんだと思う。

 

スミマセン、私の落ち度です。

 

気分が晴れないロイ。

 

「本当に行っちゃうの?」

 

「うん、お別れだね」

 

「僕と一緒にもう少し居られない?」

 

「だめ、行かなきゃ」

 

「・・・・・」

 

あれ?泣いてるの?

 

「さっきの男の友達がこの先で待ってるかも、行かなきゃ・・・君ももう行きなよ!」

 

あ、やっぱ涙拭いてる・・・。

 

困惑を隠せない私。

 

「早く行きなよ! 行きなってば!!!」

 

「わかった・・・・じゃあね」

 

駅に向かう私に背を向けて振り返らない。

 

歩き進んだけど、なんか気になった。

 

もう一度戻ってきちんとお別れ言わなくちゃ。

 

「なんで戻ってきたの?」

 

「きちんとお礼を言いたくて・・・・」

 

「もう分かったから!」

 

そしてバイクのエンジンをかけて急発進して去って行った。

 

 ハグもしないでいきなり消えて行った。

 

あっけにとられて見送る私。

 

さっきの酔っ払い男が来るかもしれないので足早に駅構内に入ったけど・・・・ 

 

なんだか?・・・な・あ・・・?

 

笑顔でお別れ言いたかったんだけど。

 

今から思い出してみても、全然意味分かんない。

 

 そんな感じでロイとはお別れしました。

 

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 

その後ロイから時たままメッセージが送られてきた。(最近は来なくなったけど)

 

私は、最後にきちんとお別れとお礼が言えなかったことを伝えた。

 

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 

<後日談>チャリダー俊さんの情報によると、ロイは近々結婚するんだそうです。

 

どういう事でしょうか?

 

一度きりの人生を思いっきり楽しもうとしてたのかなぁ~。

 

 でも、旅先で浮かれて一緒に夜を過ごすなんて出来ない。

 

それにしても、最後にロイが見せた涙の意味が今でも分かんない。

 

そんなバラナシの出来事でした。

 

<教訓>インドの男は信用してはならない!

 

以上、ロイとのデートその他はこれにて終了。

 

※でも彼の店のラッシーはメッチャ美味しいので機会が有ったらぜひ足を運んでください。

 

サンタナバラナシからガードに向かって歩いて行き、細い路地から通りに出る右角に有ります。(左角にもラッシー屋が有りますが、右の方)

 

 

※この記事読んで不快な気分になった方がいたらすみませんです。_(._.)_

 

そのあと私は初めて乗る寝台電車に頭を切り替えて旅を続けるので~す。

 

続きは明日のブログで~。

 

 でわでわ~! 

 

 SNSやってます。

インスタグラム:kaorunakadai4

Twitter:@kaorunakadai 

 (現在Twitterフォロワー様95名に増えました!)

Facebook:さてさて、どこまで老けるか? - ホーム | Facebook

世界一周ブログランキングに参加中です。

よろしかったら、応援クリックお願いします!

下の画面を↓クリックして、画面が変わったら私に1票入ります(1日に1回だけ有効です)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村