さてさて、どこまで老けるか?

現在58歳。一人旅2019年1月からスタートし現在帰国中。方向音痴・地図が読めない・記憶力悪い・お酒好き・さてさてどこまで行けるのか?

ニューデリーからバラナシへの電車チケット購入

12月11日 リアルタイムはタイのバンコクです。

 

久しぶりにロングラックさん(日本人宿)にお邪魔しました。

 

本日は予防接種に行って来て、腕が痛いのです。

 

お腹の調子も少しづつ回復してきました。

 

 

ブログは11月30日 本日は特に何もしていないのですが、バラナシ行の電車のチケットを買いに出かけます。

 

情報絡みのブログなので全然面白くない記事です。

 

すみません。<(_ _)>

 

泊っているサンタナデリーに頼んでチケットを取ってもらうことも出来たけど、300ルピーの手数料がかかる。

 

節約の為だけでなく、何事も経験。面倒なことも人任せにせずにやってみる。

 

・・・・暇だから。

 

ネットで事前に列車情報を調べてニューデリーの駅にある外国人専用チケット購入の事務所に向かう。

 

ニューデリーの駅ってメチャ大きいけど、事務所はサンタナのある側だから歩いて5分位。

 

相変わらず人とリキシャとトゥクタクと車でごった返した駅前。

 

ラクションがピーピーうるさいったらない。

 

インド人ってクラクション鳴らされても何にも感じないみたい。

 

イライラするのは私だけ?

 

車がスレスレを走っても、クラクションを鳴らされても全く意に介さずに我が道を行く感じ。

 

ストレス溜まるだけ無駄かぁ~。

 

 

外国人専用のチケット販売場所は駅の改札の左横の階段を上がった所にある。

 

f:id:nyakadai:20191208020152j:image

 

入るとそこにある小さな機械で順番待ちの券を取る。

 

f:id:nyakadai:20191210005610j:image

 

待っている間に書類に必要事項を記入。

 

f:id:nyakadai:20191210005628j:image

 

参考にさせてもらったブログはこちら。

 

申込書の書き方なんかを詳しく教えてもらって助かりました。

 

kenta-blog.com

f:id:nyakadai:20191208021441j:image

 

 私はニューデリーからバラナシまで8時間の最速で行ける新幹線並みの列車を予約したい。


f:id:nyakadai:20191208021436j:image

 

ところが、この事務所発券事務をやってる人わずか2人。

 

はっきり言って仕事が遅すぎる!

 

一人にかける時間15分も。

 

たかだか電車のチケットの発券ですよ。

 

パスポート番号や名前を入力するのに1本指でパソコン打ってるw~!

 

 普通3分もあれば出来るでしょ。

 

受付のおじさん、お金を数え始めた。

 

パソコン閉じた。

 

あ、休憩に行っちゃった・・・・。

 

受付やる人おばちゃん一人。

 

そんなわけで待つこと1時間半。

 

やっと順番が回ってきた。

 

申し込み用紙は完璧なはず。

 

チケットは12月1日。朝6時発の電車。

 

直前予約だから手数料諸々で、2410ルピー(3670円)インドにしたらメチャ高いけど仕方がない。

 

f:id:nyakadai:20191208020305j:image

 

クレジットカード使えるって大きく看板が出てるけど、発券前に言わないとダメだって言われて現金で支払った。

 

発券してから注意事項の説明。

 

外でチケットを見せる様に言われても、絶対見せてはいけない。

 

何か分からなければ、席に座っている係員に聞く事。

 

発車時刻の15分前には到着している様に。

 

などなどと。

 

これで明日のバラナシ行決定。

 

翌日早いので寝坊しないようにしないと。

 

ワクワクするな~!

 

でも、翌日朝から胃が痛くて、電車の中でおなかが壊れました。

 

体調最悪の電車旅は明日のブログで。

 

 でわでわ~! 

 

SEE YOU!

 

 SNSやってます。

インスタグラム:kaorunakadai4

Twitter:@kaorunakadai 

 (現在Twitterフォロワー様94名に増えました!)

Facebook:さてさて、どこまで老けるか? - ホーム | Facebook

世界一周ブログランキングに参加中です。

よろしかったら、応援クリックお願いします!

下の画面を↓クリックして、画面が変わったら私に1票入ります(1日に1回だけ有効です) 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村