さてさて、どこまで老けるか?

現在58歳。一人旅2019年1月からスタートし現在帰国中。方向音痴・地図が読めない・記憶力悪い・お酒好き・さてさてどこまで行けるのか?

インド 土砂崩れ 本当に到着出来るの?

12月1日リアルタイムはインドのバラナシに来ています。

 

完全に体調を崩しました。

 

下痢と吐き気。

 

しばらくおとなしくしています。

 

ブログは11月16日 

 

スリーピングバスで目指したカシミール地方。

 

朝、終点のジャンムー(Jammu)に到着。

 

 

あいにく天気は雨模様。

 

リュックサックとコロコロ(スーツケース)にカバーをかけて遅めの朝食をたべることにした。

 

地元のレストランで食べるチキンカレー。

 

f:id:nyakadai:20191130010310j:image

 

こちらはカレーをサーブする係のお兄ちゃん。


f:id:nyakadai:20191130010301j:image

 

おじちゃんはチャパティを焼く係。


f:id:nyakadai:20191130010321j:image

 

ガイドのS君の表情はなぜか暗く、電話をかけまくって情報を収集してる。

 

どうやら、この先150キロ地点で土砂崩れの為道路が閉鎖されてるらしい。

 

いつ開通するか目途もたたないみたい。

 

でも、行けるところまで行きましょうよ。

 

多くの車がこの場所で行くか戻るか考えている様子。

 

 私は少しでも進みたい。

 

バンに乗って行ける所まで進むことにした。

 

 f:id:nyakadai:20191130010430j:image

 

だって、戻る訳には行かないから。

 

これ以上は前に進めないって所で私らも車を降りる。

 

昨日の夜から道路は封鎖されていて、並んで待っている車の中では疲れはてた人がうつろな表情で時間をもてあましていた。

 

村のショップでぼんやりとチャイをすすりながら時間をつぶす。

 

 f:id:nyakadai:20191130010724j:image

 

いつまで待っても道路は開通する目途はたたない。

 

重たいスーツケースを持ったまま10キロ歩いて細い開通した道路を進むのは難しい。

 

しかも雨が本降りになってきた。

 

この村で1泊する?

 

宿泊するのを決めた後に道路が開通すれば宿代が無駄になる。

 

でも早く泊まる場所を確保しないと、埋まってしまう可能性もある。

 

・・・・ギリギリまで悩んで、やっぱ泊ることに決めたみたい。

 

1件の安屋。

 

 メッチャきったないけど文句は言えない。

 

枕カバーも汚れたままで、絶対洗ってないよね。

 

もちろんWi-Fiもありませ~ん。

 

この地域全域使えないそうです。

 

その日の夕食は魚のフライとダルカレー(豆カレー)

 

 

部屋にシャワーは有ったけど、シャワーヘッドは壊れて使えなかった。

 

置いてある大きなバケツにお湯をためて、少しづつかけながら髪を洗った。

 

ドライヤーなんて置いてなくて、少し寒い。

 

デリーより600キロ以上北上しているからか。

 

持って来た寝袋に入り、あまりきれいとは思えない毛布を掛けて体を丸めて寝た。

 

  

翌日目覚めるもまだ道路は開通していない模様。

 

 f:id:nyakadai:20191130011033j:image

  

雨もシトシト降り続けている。

 

遅めの朝食を食べて動かない車の列を見て過ごす。

 

暇なのです。

 

やること無いのです。

 

近くを散歩するも特に見どころは無かった。

 

靴が濡れただけ。

 

昼過ぎに雨はあがった。

 

いつになったら道路が開通するのだろう。


f:id:nyakadai:20191130010718j:image

 

物乞いをする子供。

 

キレイな目をしていた。

 

「お金はあげません!」って言うのに・・・しつこかった。

 

f:id:nyakadai:20191130010729j:image

 

ガイドのS君がシェアタクシーを見つけてきてくれた。

 

でもまだ動きはない。

 

午後2時頃やっと車が動き出す。

 

でも1時間で15メートル位しか動いてないよ~。(;_:)

 

一緒に乗っていたインド人親子もうんざりして、大きなため息をついていた。

 

道路はギリギリ2車線が通れる道幅。

 

インド人ってバカなんじゃない?

 

少しでも前に進みたいから反対車線にはみ出て進む。

 

当然対向車は通れずにスタックする。

 

車をバックさせたり、横から割り込みして道を開ける。

 

ますます渋滞するのは火を見るより明らかなのに。

 

そして鳴り響くクラクション。

 

ピーピーうるさいったらない。

 

ルールに従って走っていればトラブルなく行けるところを、わざと状況を悪くしてる。

 

そんなのが至る所で起こっているので、全然進まない!

 

それでも薄暗くなるころには少しずつ前に進めるようになってきた。

 

f:id:nyakadai:20191130011347j:image

 

よっしゃ!この調子で進め~!

 

・・・・って思ったけどそうは問屋が卸さない。

 

土砂崩れの場所は車が1車線しか通行できないので、片側が1時間オープンすると、片側の車線の車は1時間待たなければならない。

 

f:id:nyakadai:20191130010831j:image

 

山は険しくて、よくこんな急な斜面に道路を作ったもんだと感心するって言うかあきれた。

 

樹木も伐採が進むから土砂崩れしやすくなっている。

 


f:id:nyakadai:20191130010836j:image

 

進んだり、止まったりを繰り返しスムーズに動き出したのが夜9時頃。

 

反対車線にはトラックが長い列を作って足止めを食らっていた。

 

 

車は長いトンネルを抜けると、そこから先は雪が積もっていた。

 

数日前に例年より2か月早い雪が降ったらしい。

 

運転手は眠くならないように窓を全開して走ってる。

 

乗ってる我らは激寒~!

 

同乗していたインド人の女の子はかわいそうなくらい震えてる。

 

暑さには強いけど、寒さには慣れていないんだねインド人は。

 

ドライバーは山道に慣れているようで猛烈なスピードで走り抜けていく。

 

彼もまた車線を無視し、カーブでも構わず追い越し運転をし、どんどん走り抜ける!

 

ある意味プロフェッショナル!

 

ハンドル操作誤ったら谷底に真っ逆さまだからね~!

 

安全運転という言葉は彼には存在しないようだ。

 

途中チャイ&トイレ休憩をはさんで彼の家に到着したのは夜11時半。

 

こんな夜中に押しかけてしまい申し訳ない。

 

彼のお姉さんがカレーをふるまってくれた。

 

ラムカレー。

 

f:id:nyakadai:20191130010908j:image

 

夜食べるには重たいメニューだけど、ありがたく美味しくいただいた。 

 

「長旅で疲れたでしょ」

 

「ただ座っていただけなんで全く疲れていません」

 

むしろ目が覚めてしまって眠れないかも。

 

電気毛布を用意してくれたけど、メッチャ寒いわ。

 

今日は移動だけの日で、何も特別なことは起こらなかった。

 

長旅をしていたらこんな一日もたまには有りますわ。

 

でもまあ何とか無事到着出来て良かった。

 

 

デリーを出発してから2日間かけて到着した、カシミール地方のシリナガ(Srinagar)。

 

この地方はなぜかインターネットが使えなかった。

 

電気も時々止まってしまいます。

 

詳しくは明日のブログで

 

でわでわ~! 

 

SEE YOU!

 

 SNSやってます。

インスタグラム:kaorunakadai4

Twitter:@kaorunakadai 

 (現在Twitterフォロワー様92名に増えました!)

Facebook:さてさて、どこまで老けるか? - ホーム | Facebook

世界一周ブログランキングに参加中です。

よろしかったら、応援クリックお願いします!

下の画面を↓クリックして、画面が変わったら私に1票入ります(1日に1回だけ有効です) 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村