さてさて、どこまで老けるか?

現在58歳。一人旅2019年1月からスタートし現在帰国中。方向音痴・地図が読めない・記憶力悪い・お酒好き・さてさてどこまで行けるのか?

ダハブ ダイビング2回目!ブルーホールとキャニオンへ

10月29日 リアルタイムはエジプト ダハブです。

 

本日午前中はシュノーケルで海に入り、午後はネット三昧。

 

どうやら宿のネットがやっと復旧したようです。

 

次の国イスラエルの情報収集していました。

 

 

さてさて、ブログは10月28日 本日はキャニオンとブルーホールにダイビングに行く日です。

 

朝8時集合なので、7時には起きて朝食を摂らないといけない。

 

今日は今まで同じ部屋で一緒にご飯を食べたりおしゃべりしていたアキちゃんがマダガスカルに旅立つ日。

 

彼女は早起きして朝日を見に行っていた。

 

私は外に干してある水着類を取り込もうと外に出ようとしたところ・・・・。

 

あ、ドアに鍵がかかっている。

 

外から鍵がかけてあり、内側からでは開きません!

 

と・閉じ込められた・・・・!

 

いつもは鍵なんて掛けないのに、今日に限ってどうしちゃったんだろう?

 

小窓から外を覗くも、朝早すぎて誰も歩いていない。

 

窓から大声出しても誰にも届かないよね。

 

外に出る方法は外からぶら下がっている鍵を開けてもらうしかない。

 

f:id:nyakadai:20191031012457j:image

困ったなあ~。

 

1時間後には出発なのに外に出られないと置いて行かれちゃうよ~!

 

超焦る!

 

スタッフの電話番号も分からないし、アキちゃん、早く帰って来てヨ~!

 

あ、そういえば昨日Facebookの友達リクエストを送っておいたんだ!

 

承認してくれていれば、メッセンジャーでコンタクトが取れる!

 

OH~!  承認してくれていた!

 

メッセンジャーの電話をかけて呼び出す・・・・・

 

呼び出し音が鳴っているけど・・・・出ないな。

 

もう朝日の時間はとっくに終わっているはずなのに。

 

もう一度電話をかけてみる・・・・・

 

あ!出たよ!

 

「部屋の鍵が閉まっていて外に出れないんだよ~!」

 

「ごめん、ごめん今から向かうから待っていて~!」

 

すぐに戻ってドアを開けてくれて助かりました。

 

朝からマジ焦った~。

 

ではさっさと準備。

 

敷地内のレストランでチーズオムレツの朝食を注文した。

 

でもさ、なかなか出てこない。

 

店はガラ空きでお客は私しかいないのにのんびりやってるよ。

 

イライラしながら待つこと10分。

 

大急ぎで食べて、約束の8時ジャストに集合場所へ(とは言っても隣なんだけどね)

 

最後にアキちゃんと記念写真

 

 f:id:nyakadai:20191031012606j:image

 (後ろからのぞいているのはインストラクターのハッサンです) 

 

今日は、ファンダイブだけど一緒に潜るのはアドバンスライセンスを取得中の二人

雄一郎君ゆうた君 。

 

それにカルフォルニアからきたおじいちゃんおじちゃんランさんと私の4人。

 

インストラクターはハッサンです。

 

荷物を積み込んだ車で走る事15分。

 

到着したら、用具をセッティングして、ブリーフィング。

 

ハッサンがいろいろ説明してくれるけど、どうも彼の英語は聞き取りにくい。

 

 今日はビーチからのエントリーです。

 

タンクとウエイトが重いのですが、しっかり大地を踏みしめて慎重に入水。

  

水は思ったほど冷たくない。

 

すぐにBCDの空気を抜いて深く潜って行きます。

 

耳抜きは問題なく、透明度も抜群。

 

でも潜行する岩場の隙間が狭く、上手くコントロールしないと横のサンゴにタンクや体がぶつかりそう。

 f:id:nyakadai:20191031012713j:image

 

持って来たカメラで写真を撮ろうとしたらハッサンに怒られた!

 

もう少しで横の岩肌に接触しそうになっていたみたい。

 

ハッサンが何かサインを出しているんだけど、誰に向かって言っているのか分からない。

 

わたし?

 

それとも後ろの人?

 

BCDに空気を入れろとか、空気を抜けとかの指示が細かい。

 

なるほど彼と同じくらいの水位にいるのが理想なんですね。

 

それにしても、美しい・・・・・・。

 f:id:nyakadai:20191031011947j:plain

 

 ダハブの海はサンゴも魚も多くてついつい見入ってしまいます。

 

ダハブに来て良かったなぁ~。

 

ゆったり潜行して35メートルほどの深さまで潜りました。

 

そこまで潜るとちょっと苦しいような、酸素が沢山欲しいような感じになります。

 

水中の青色も深くなり、体全体に圧を感じる。

 

この深さではあまり楽しめないな~って思ったら少しずつ深度が緩やかになり

 

横へゆったりと泳ぎ始めました。

 

みんなで集合写真。

 

「3・2・1」 口から泡を出さないようにしないとね。

 

f:id:nyakadai:20191031012804j:image

 

40分ほどで1本目のダイブ終了。

 

結構空気が残っていたけど、一緒に泳いだランの空気が少なくなっていたんだって。

 

 

陸に上がり、装備を外して車で別の場所に移動します。

 

体が濡れているので、トラックの荷台に腰掛けての移動。

 

日本じゃ考えられないけれど、ここはエジプト。あるあるデス。

 

さて、2本目はブルーホール。

 

でもその前にレストランに入って2本目のダイブが終わった後に食べる昼食をオーダーしておきます。

 

f:id:nyakadai:20191031012844j:image

 

私は朝ごはんが多すぎたのでビタミンたっぷりのジュースだけのオーダー。

 

少し休憩したら2本目のダイブだ~!

 

 f:id:nyakadai:20191031012919j:image

 

 

私がハッサンの次に泳ぐんだけど、右の耳が上手く抜けない!

 

一度潜行をストップして、やや浮上。

 

後ろの人が迫ってくるプレッシャーを感じつつ、耳抜きをきちんとしてからじゃないと危ない。

 

気持ちは焦るけど手順を踏んで安全第一で潜る。

 

今回はゆっくりと少し長めの距離を泳ぎます。

 

何でか分からないけど、水中からブクブクと空気が湧き出てます。

 

f:id:nyakadai:20191031020853j:image

 

f:id:nyakadai:20191031020857j:image

 

途中で持っていたゴープロもどきのカメラが見当たらない!

 

どこかで落としちゃったんだ・・・・。

 

気持ちが落ち込んでしまってダイビングの記憶があまりありません。

 

2度目のダイブは30分ほどだったんだけどとても長く感じた。

 

ゆらゆらと陸に上がって、装備を外す。

 

あれ?

 

失くしたと思ったカメラ、腕に巻き付いてました!

 

あはは・・・・!

 

なあんだ~!

 

良かったっす!

 

最後にみんなで陸でポーズ!

 

f:id:nyakadai:20191031020925j:image

 

無事にファンダイブ終了です!

 

ビタミンたっぷりのジュース飲んで元気回復。

 

f:id:nyakadai:20191031020945j:image

 

雄一郎君とユウタ君,無事アドバンスライセンス取得おめでとうございまーす!

 

一緒に潜れて楽しかった~!

 

f:id:nyakadai:20191031021001j:image

 

 ダハブでの楽しい毎日、まだまだ続きます。

 

でわでわ~! 

 

SEE YOU!

 

 SNSやってます。

インスタグラム:kaorunakadai4

Twitter:@kaorunakadai 

 (現在Twitterフォロワー様78名に増えました!)

Facebook:さてさて、どこまで老けるか? - ホーム | Facebook

世界一周ブログランキングに参加中です。

よろしかったら、応援クリックお願いします!

下の画面を↓クリックして、画面が変わったら私に1票入ります(1日に1回だけ有効です) 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村