さてさて、どこまで老けるか?

現在58歳。一人旅2019年1月からスタートし現在帰国中。方向音痴・地図が読めない・記憶力悪い・お酒好き・さてさてどこまで行けるのか?

登山パーミッション取得

5月14日 リアルタイムはネパールカトマンズ 1ルピー1円

 

 

 昨日アンナプルナトレッキングに同行してくれたガイドさんと飲みに行って、

 

帰ってから宿でまたビールを飲み直し、トータル大瓶3本のビールを飲んだらフラフラになりました。

 

私って、そんなに酒が弱かったっけ????

 

トレッキング疲れでしょうかね?

 

まあ、楽しかったからいいか!

 

 

さてさて、5月2日は登山のためのパーミッションを取りに行きました。

 

NTB(Nepal Tourism Board)ってところまで宿から歩いて20分位。

 

ところが、パスポートを忘れたことに気が付いて途中で宿まで戻りました。

 

相変わらずのバカっぷりぃ~。

 

 

途中でザクロジュースを注文。(圧搾してくれます)

 

f:id:nyakadai:20190513210614j:plain

これ、飲みたかったんだよね~。

 

ビタミン補給完了!!

 

200ルピーでした。

f:id:nyakadai:20190513210745j:plain

お店はこんな感じ。

 

f:id:nyakadai:20190513210947j:plain

 

NTBの場所は難なく見つかりました。

 

申請書を記入の段階でハタと気付く。

 

登山の計画を全く決めていなかったのです。

 

申請書には目的地の他に、登山開始の場所と終了予定の場所を記入する必要があります。

 

ヤバ!

 

行く場所もよく決めずに来てしまった!

 

予定では「アンナプルナ(ABC)とプーンヒル」ですが、プーンヒルって名前が思い出せない・・・・( ノД`)シクシク…

 

ということで他人様のブログを参考に適当に目的地をエベレストとアンナプルナと記入。

 

国籍・日本の住所・VISAの番号・パスポート番号・ネパールの滞在先・職業・登山の期間などを記入します。

 

保険の種類?カード付帯の保険だからね・・・

 

カード番号を記入しただけだとダメなんですって。

 

スミツーリストクラブ保険と記入。

 

写真が必要ですが、この場所で無料で写真を撮ってくれるの知ってました。

 

別室でかシャリと撮ってもらって、余りの2枚持ち帰り~!

 

何とか1枚目のTIMS取得。

 

f:id:nyakadai:20190514145622j:image

2000ルピー。

 

続いて

 

「Asnnapurna Conservation Area Project~ACA Entry Permit Application Form」の記入。

 

どこから登山するか、どこで登山が終わるかを記入しなければなりませんで・・・

 

さあて、困った。

 

適当にJIRI(ジリ)って書いて出したら、怒られました。

 

アンナプルナの地図を目の前にドンと差し出されて、

 

「君はどのポイントから登るんだね?!」と詰問。

 

「さあて・・・・?(困った)」

 

「実は友人にすべて任せてあって、私はよくわからないのですが、通常はどの方面から登って行くんですか?」

 

こうなったらずうずうしく行くしかありません。

 

申請の受付時間は3時までで、3時近いので受付の人もめんどくさくなったのか

 

地図に〇をつけてここからって書け!みたいな雰囲気でして、言われたとおりに記入して無事入手出来ました。

 

f:id:nyakadai:20190514145700j:image

3000ルピー。

 

合わせて5000円、たっかーい!

 

 

帰って来て、宿のオーナーに相談するとコピー用紙を一枚取り出して、

 

さらさらと予定(登山計画)を書いてくれました。

 

f:id:nyakadai:20190514145733j:image

 

あら、素敵!

 

9日間の予定で、無理のない計画。

 

最初からこれがあれば、パーミッションの取得時に苦労しなかったのに・・・と思いつつ。大感謝!

 

登山に必要な物も教えてくれました。

 

着替えや寝袋・行動食などで結構な荷物になります。

 

今使っているリュックサックは30リットルで、入りきれません。

 

バックパックをレンタルする場所を尋ねると無料で貸してくれると言います。

 

何から何まですみませんです。<(_ _)>

 

さらにですね、一人で行動するのが不安だったらポーター兼ガイドも紹介してくれると言います。 

 

通常ポーターは荷物を運んでくれるんですが、説明や道案内はしてくれない。

 

本来ガイドさんは荷物を運んではくれないのですが、知り合いなら荷物も持ってくれるって言うのです。

 

自分の荷物は自分で運ぶつもりでしたが、厳しい山道を9日間歩くので若干不安でもありまして、着替えと寝袋を持っていただくことにしました。

 

で、すぐに電話をかけてくれて30分後にガイドさんがバックパックを持って登場!

 

(写真は登山した時のです)

f:id:nyakadai:20190514154306j:image

 

若い!

 

顔ちっちゃい!

 

背高い!

 

名前は「Purushotam」プルリートム

 

覚えにくいからトムって呼ぶことにしよう!

 

9日間よろしくお願いします。_(._.)_

 

ちなみにお値段1日2500円で、食事や交通費は彼自身で負担してくれます。

 

 

その日の夜は宿のオーナーのPrakash(プラッカス)がビールをごちそうしてくれました。

 

f:id:nyakadai:20190514160420j:plain

f:id:nyakadai:20190514175059j:image

つまみはスライスした人参!

f:id:nyakadai:20190514174923j:image

宿のルーフトップで夜中1時過ぎまで話が尽きません。

 

内容濃すぎ!

 

そして、プラッカスってほんとにいい人♡

 

ネパールカトマンズにお越しの際は「Hotel Travelers Home」激しくお勧めします。

 

プラッカスが自分の写真のせるなら良いのが有るから使ってくれって言うのでリクエストにお応えしまーす。

 

f:id:nyakadai:20190514160242j:plain

なかなかのナイスガイ! 

 

 

明日からトレッキングに行くのに荷物パッキングしてない~!

 

朝4時に起きて荷造りしました。

 

眠いよ~!

 

ではでは~

 

SEE YOU!

 

 SNSやってます。

インスタグラム:kaorunakadai4

Twitter:@kaorunakadai 

 (現在フォロワー様33名に増えました!!!!)

Facebook:さてさて、どこまで老けるか? - ホーム | Facebook

 

世界一周ブログランキングに参加中です。

よろしかったら、応援クリックお願いします!

クリックの後画面が変わったら私に1票入ります(1日に1回だけ有効です)

 応援いただいた皆様、ありがとうございます。m(__)m 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村