さてさて、どこまで老けるか?

現在58歳。一人旅2019年1月からスタートし現在帰国中。方向音痴・地図が読めない・記憶力悪い・お酒好き・さてさてどこまで行けるのか?

ラオスにいったい何があったと思います?

4月26日 6か国目 ラオス、リアルタイムはPak Bengってところ。

 

スロウボートでラオスとタイとミャンマーの国境近くのフアイサーイに向かっているのですが、その前にこちらで1泊します。

 

1キープ約0.013円

 

本日のブログタイトル、使ってみたかっただけです

 

村上春樹さんのファンなもんで。。。。スマセン。

 

 

4月22日、象たちと沢山遊んだ日、午後からはルアンパバーンにバスで移動です。

 

ホステルのチェックアウトの時間が過ぎていますが

 

急いでシャワーを浴びでパッキングしていると、迎えのバスが来たと知らせてくれました。

 

え~!!!

 

3時発のバスでしょ?まだ、2時15分なのにずいぶん早いじゃない?

 

慌てて荷物を積み込んでマイクロバスに乗り込みます。

 

「 FARAWAY SUITES」のスタッフの皆さん、お世話になりましたぁ~!!!

 

 

このバスに乗っていたのは中国人の男の子と彼女さん。

 

途中もう一人ピックアップしたらそのまま山道に突入。

 

今回は乗客はたったの4人です。

 

 

途中の休憩青空トイレです。

 

中国女子、いきなりわき目もはばからずに用を足し始めました~。

 

マジですか? (+_+)

 

さすが~!

 

ニーハオトイレに慣れているからですかね?

 

私、カルチャーショック受けました。

 

f:id:nyakadai:20190425232004j:image

 

ヴィエンチャンまでは相変わらずのデコボコ道にカーブの多い山道で、酔いそう~!

 

f:id:nyakadai:20190425231903j:image

 

4時間半で到着しました~。

 

到着した時は夜になっていましたが、特に危ない雰囲気はなく観光客と地元の人々でにぎわっっていました。

 

ナイトマーケットのすぐ近くだったんですね。

 

本日予約したのは「Friendly Backpacker hostel」

 

一見木造で古くて汚そうなんですが、掃除は行き届いているし、受付の男性も感じがいい~。

f:id:nyakadai:20190426003631j:image

 

泊っているゲストも欧米人がほとんどですが、みんな目が合うとにっこり微笑んでくれて、いい雰囲気。  

 

2階のフリースペース↓

 

夜はお酒飲んだり、パソコンたたいたりするとこ。(昼間撮影)

 

f:id:nyakadai:20190425231715j:image

 

文字通り「フレンドリーバックパッカーホステル・・・」です。

 

延泊決定!

 

実はヴィエンチャンで遊びつくした感はあるのですが、

 

この地では有名な滝で遊ぼうかと思います。

 

とりあえず、夕食。

 

地元民で込み合うお店。

 

メニューはこれ1品だけ。12000キープ(154円)

f:id:nyakadai:20190425232141j:plain

 

黒いのは豚のレバーと思われます。

 

美味し!


煮炊きは薪を使ったかまど。

 

ラオス、電機と水道は整備されていますが、ガスはまだのようです。

 

薪を使うってことは沢山の木を切り落とさなければならないんですよね。

 

インフラの整備は中国主体みたい。

 

 

f:id:nyakadai:20190425232212j:image

 

食後は探索。

 

ナイトマーケットに足を運んでお土産などを物色....したいところではありありますが

 

f:id:nyakadai:20190425231818j:image

 

荷物増やせないから、買い物出来ないの~。(;_;)

 

f:id:nyakadai:20190425232246j:image

 

ラオスの女性が履いているスカート(ロンジー)やワンピースがメッチャかわいい♡

 

欲しぃ~!!!!

 

ガマン、ガマン。(;_;)

 

明日はラオスで有名なお坊さんの托鉢を見るために早めにベッドにもぐりこみました。

 

 

 

で、翌朝4月23日。

 

4時半に目が覚めちゃったよぉ~。

 

外は真っ暗。

 

早すぎますかね?とりあえず散歩でもしますか?

 

野良犬ちゃん2匹をお供に、暗闇の中メインストリートを歩き回る。

 

しっぽ振って、先頭を歩き、立ち止まって待っていてくれました。

 

昼間は暑くて元気のないワンちゃんも朝方は楽しそうに散歩に付き合ってくれます。

 

 

寝静まった町。

 

托鉢の準備を整えているおばちゃんたち。

 

下は観光客用に用意された椅子。

 

ここに座ると、托鉢用のご飯を買わされます。値段は知りませんが。

 

かなり強気な商売やってます。

 

f:id:nyakadai:20190425232327j:image

 

始まるのは5時半からだそうです。

 

・・・・あと1時間もあるね。

 

とりあえず裏の川にでも行って見ますか?

 

 

まだ5時か。そろそろ西の空から明け始めてきました。

 

f:id:nyakadai:20190425232625j:image

 

お腹が空いてきたので、露店でバナナの皮に包まれた餅のようなものを買う。

 

f:id:nyakadai:20190425232408j:image

 

そろそろですね。

 

お坊さんたちがやって来ました。

 

 

f:id:nyakadai:20190426082940j:plain

 

地元の人が心を込めてお祈りしながらお坊さんへお供えしています。

 

f:id:nyakadai:20190425232448j:image

 

道の反対側から写真を撮らせてもらいました。

 

f:id:nyakadai:20190425232530j:image

 

 メインロードでは観光客のアジア諸国の方々、ちょっとマナーがひどいんじゃない?

 

お坊さんの目の前に出て来て、バシバシ写真撮ってるからね。

 

お金払っているからって、不謹慎ですよ!😠

 

 

したらば、宿に戻って朝ごはん。(朝パンですが)

 

この宿朝食付きです。

 

一口かじっております。

 

f:id:nyakadai:20190426083412j:plain

 

さあて、今日は耳鼻科のお医者さんへ行く日です。

 

ベトナムのニャチャンでダイビングしてから左耳が聞こえなくなってしまい、

 

ハノイのお医者さんに薬をもらって飲んでました。

 

大分良さそうですが、念のためね。

 

 

ルアンパバーンの地元の診療所に10時の予約を入れてもらいトゥクトゥクに乗る。

 

場所が全く分からないのでドライバーの言い値片道20,000キープ。

 

また、値切るの忘れたw~。

 

15分ほどで到着。

 

結構へんぴな場所なので、診察が終わるまで待っていてもらうようにお願いしました。

 

50,000キープですって。

 

オーケー!領収書もらって後で請求するからね~。

 

 

f:id:nyakadai:20190426084033j:plain

 

外まで患者さんがあふれています。

 

f:id:nyakadai:20190426084138j:plain

 

 書類に必要事項を記入して、血圧測定。

 

体重もですか?

 

服着ていたので何とも言えませんが、少し太っていた気がする・・・・

 

沢山の待ち人をスキップして優先的に診療して頂きました。

 

待ってる方に申し訳ないm(__)m

 

 

外耳は問題ないそうです。

 

聴音検査の設備は無く、内耳は調べられませんが、見た感じ問題なさそうなので

 

投薬もなく、しばらく様子を見ることになりました。

 

f:id:nyakadai:20190426213300j:plain

 

また、ダイビングできるかしら?

 

 

で、トゥクトゥドライバーに領収書を書いてもらおうとしたのですが、

 

かたくなに拒否する。

 

なんでよ~。

 

見本も書いて見せたのにぃ~。

 

もう、いいや高いけど自腹切ります!!!

 

 

午後は近くの旅行代理店に行きます。


スロウボートの予約と明日のクワンシーの滝のツアーの申し込みする予定。

 

Wi-Fi弱くて、書いたブログが消えそうなのでいったんここで終了します。

 

 

ではでは、SEE YOU!

 

 SNSやってます。

インスタグラム:kaorunakadai4

Twitter:@kaorunakadai 

 (現在フォロワー29名に増えました!!!!)

Facebook:さてさて、どこまで老けるか? - ホーム | Facebook

 

世界一周ブログランキングに参加中です。

よろしかったら、応援クリックお願いします!

クリックの後画面が変わったら私に1票入ります(1日に1回だけ有効です)

 応援いただいた皆様、ありがとうございます。m(__)m 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村