さてさて、どこまで老けるか?

現在58歳。一人旅2019年1月からスタートし現在帰国中。方向音痴・地図が読めない・記憶力悪い・お酒好き・さてさてどこまで行けるのか?

九分で踏んだり蹴ったり!

話は前後するのですが、出国前に1月5日フィンスイミングの大会でした。

f:id:nyakadai:20190109224422j:image

千葉国際プールで、今回ワールドカップマスターズの選考会も兼ねておりまして、

 

多分無理だとは思うのですが50メートルのサーフェス

 

50メートルCMAS(2枚ひれのフィン)の競技に参加しました。

 

サーフェスは区分で1位だったのですが、

 

CMASの50メートル最悪でした。

 

23人中23位・・・・つまり最下位。

 

練習しないで大会に出るものではないと思い知った一日でした。

 

泳ぎ終わったあと、一緒に泳いだ女性に声かけられまして、

 

(お名前失念してしまいました)

 

「中台さんのブログいつも見てます。同年代なので励まされます・・・・」って。

 

びっくりしました!!!!

 

私のつたないブログ見ていただき、さらにお褒めの言葉まで・・・・。

 

あらためまして「ありがとうございます!」

 

 

 

1月9日一人旅2日目

 

昨夜は初ドミトリーでなんて言うか・・・・「眠れませんでした!」

 

2段ベットの上の段で、一部屋8人泊まれるのですが、最初からカーテンばっちり

 

室内では静かに過ごすよう注意書き。

 

室内にロッカー(鍵付き)はありましたが、スペースがほとんどなく、

 

荷物の入れ替えなどは部屋を出てロビー(のようなところ)でやりました。

 

布団はふかふかで清潔。設備も申し分ないのですが

 

ほとんど寝られず・・・・。(アドレナリンが出すぎているのかも)

 

朝4時ころに目が覚めてしまい、そのあと全然眠れません。

 

7時になったら飛び起きて、バイキングの食事をたらふく頂きました。

 

 

さて、本日は九分へ出かけます。

 

とりあえず台北駅に出てから誰かに聞こうという作戦です。

 

本日はメトロではなく国鉄のような電車で向かいます。

 

駅員さんに聞いて、古い電車に乗って、瑞芳まで。

f:id:nyakadai:20190109224458j:image

天気は崩れ始め、結構激しい雨が降り出しました。

 

でも大丈夫!!!

 

レインコートとスーツケースカバー作ったので、少しくらいの雨なら気になりません。

 

停留所で待っていると交通整理のおじさんらしき人がにっこり。

 

「一人なの?日本?」・・・にこにこ。

 

で、この人本当はタクシーの運転手でした。

 

4人で相乗りしていけばバスより早く着くし、金額も変わらない。

 

あと2人の日本人と中国人のおばさんと一緒にどうですか?と

 

私は重たい荷物を運ぶのにもううんざりしていたので、OKしました。

 

で、タクシーは順調に進みます・・・・が、

 

メーター回してないよこの車。

 

大丈夫か?

 

車は曲がりくねった坂道をどんどん登っていきます。

 

20分ほど走って到着。

 

一人500元?

 

1000元札出したのですが・・・・

 

いえ50元でした。

 

175円くらいですね。よかった安心したよ。

 

そして現地は土砂降りの雨。

 

ここからグーグルマップ見ながらホステルに向かいます。

 

レインコートのフードをかぶっていますが、かなり激しい雨。

 

とりあえずマップの言うと売りに進んで行きます・・・・。

 

九分の石畳の細い坂道を進めと言っております。

 

両脇にお土産屋さんとかがひしめく激混みの道ですよ~。

 

グーグルマップさん、本当ですか?

 

まじ九分をなめていた。

 

クソ重いコロコロをマップのが示す方向に向かって進めます。

 

今までも散々翻弄されてきていささか信用していないんですが、

 

とにかく進めるしかありません。

 

そして、激階段(しかも石畳)を下って行けと・・・・。

f:id:nyakadai:20190109224541j:image

 

マジですか?

 

もし間違っていてももう絶対戻れないからね~。

 

あの有名な千と千尋のモデルになったって有名なところです。

 

重たいコロコロを一段一段と下って行きました。

 

 

もう、おいらぎっくり腰で重たいもの持ちたくないんだからね~。

 

・・・てか、この道をスーツケース引きずっている人私だけなんですけど・・・・!

 

(後にも先にも一人もいませんでした)

 

で、そこを左に折れるのね。

 

やった、階段終わったよ。

 

・・・・とどんどん進んで行くもだんだん店がなくなり、民家もなく

 

ホステルらしいものは見当たらない・・・・。

 

大雨の中、遮るものもなく・・・・。

 

おかしいな~マップはこの近くっていってるんだけどな。

 

雨のしずくが当たってiPhoneんさん誤作動起こしだす。

 

予約確認書(ホテルの地図)も雨でにじんできた・・・・。

 

もう、髪の毛ビショビショ。

 

こまった・・・・。

 

と、そこに止まっていたタクシーの運転手のおじさんが声をかけてくれました。 

 

「どこへ行くの?」

 

「雨だからこっちの方に来なよ・・」

 

「日本人?」グーグル翻訳を使って話してくれます。

 

私が行きたいところはここですと、iPhone示して見せようとするも誤作動。

 

指紋を認識せず、PIN入力しても2回もダメだって、

 

3回間違えるとロックかかっちゃうんじゃない?

 

雨に濡れた予約確認書を見せる・・・と

 

「このホテルは階段を下りた警察の隣にある」と教えてくれました。

 

え~!!!まだ降りるの???

 

もう無理!!!(後で知ったんですが、ほんとにもう少し階段降りた所にありました)

 

タクシーで送って下さい!

 

「私のタクシーはお客さんを待っているので、もしタクシーが必要なら頼むことは出来るけど・・・・」

 

「お願いします!!!」

 

「300元だけど・・・・」

 

「なんですと???300元!」(1000円以上・・・・)

 

(・・・・足元見すぎじゃないですか?さっきのタクシーは50元だった・・・割り勘だったけど)

 

「オーケー! TOO EXPENSIMIVE だけどね・・・」

 

山道を大回りして、5分ほどで到着。

 

すごく損した気分ですが、仕方ない・・・・300元お支払いしました。

 

で、着いたホステルが3階でした。_| ̄|○

 

もう気合い入れてスーツケース運びましたよ。

 

 

でも、このホステル大当たり。

f:id:nyakadai:20190109224630j:image

オーナーの人柄がよくって、親切で、ドミトリー広々。

 

雨じゃなかったら、ベランダからの景色が素晴らしいのです。

 

チェックイン前だけど、部屋に案内してくれて、荷物も置かせてもらいました。

 

ビショビショのレインカバーを外したらスーツケースびしょ濡れ。

 

防水機能ゼロでしたぁ~。

 

おかげで、村上春樹のまだ読んでいない本が濡れてしまったではないか!!!!

 

支度して九分に遊びに行きましたが、さっきコロコロ転がしながら歩いた道です。

 

あ~っという間に見終わってしまいました。

 

腹ごなしに餃子と五目焼きそば食べて150元 

f:id:nyakadai:20190109224654j:image

五目焼きそばおいしくなかった。。。。

 

完食したけど

f:id:nyakadai:20190109224713j:image

一度宿に戻り明日の予定を立てる。

 

どこに行くか、どこに泊まるかも決めてなかったのです。

 

で、夕刻にまた出かける。

 

有名なシーンをぜひとも写真に納めておかなくっちゃ。

 

写真撮って、夕飯食べて本日のイベントは終了です。

f:id:nyakadai:20190109224730j:imagef:id:nyakadai:20190109224738j:image

帰りにビール買ってきました。

 

明日は長距離の移動になるので、早めに寝よう。

 

ではでは~。

 

 

ホステル情報:

My Story Inn Jiufen
マイ ストーリー イン ジュウフェン 
3F, No. 93-2, Qiche Road, 九份, 22448, 台湾 - 
汽車路93-2號3樓 (九份, 22448)  女性用ドミトリー 462台湾ドル

f:id:nyakadai:20190109224752j:image

 カテゴリーを世界一周準備から移しました。

よろしかったらクリック応援お願いします。

コメントもお待ちしてます。

SEE YOU!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村